このページでは「職場の元気・メンタルヘルス・アイデア」を掲載します。

皆さんの職場では色々お困り事をお持ちだと思います。各種メルマガから作者の許可を得て

「職場のメンタルヘルス」「仕事のアイデア」「コミュニケーション」に絞って転載します。

「送られてきた全文をそのまま、掲載してあります(抜粋・追記はしておりません)。ご興味のある方は発行元(記事の最後に記載するホームページアドレス)から購読が出来ます。(当サイトでは購読のお取り次ぎは致しておりません)。

富山にセブンイレブン 一号店オープン

皆様おはようございます。

経済状況の先が見えぬまま、もう3月に突入しました。

予断を許さない状況ではありますが、こういうときこそ楽観力が差をつけるかもしれませんね。

今回は地元富山の少し明るい話題から・・・。

坂龍瓦版 弥生壱 09



「 地元富山の話題を2つほど・・・ 」



今富山の話題といえば、言わずと知れたアカデミー賞受賞作「おくりびと」だ。以前にも一度取り上げたが、まさかこんなことになるとは予想もできなかった。特に監督には、県民栄誉賞も検討されており、地元高岡でも非常に盛り上がっているようだ。



映画の内容については、マスコミなどでも大きく取り上げられ多くの方々は目にしているだろう。個人的には、この映画の魅力の一つは、脇役人の素晴らしさだと感じている。個性派がそろってはいるが、主役人をうまく支える名演技が多い気がする。テーマの重さをカバーするため、全編に見られる日本の原風景。またBGMには、あの久石先生の見事なチェロの音楽が流れる。



また「しこふんじゃった」を髣髴とさせる本木さんのコミカルな演技とシリアスさのギャップもいい。オスカーでもふれられていたが、思わず噴出すギャグの数々も面白い。幸い全国でもリバイバル上映が始まっている。機会があればお勧めの映画だと思う。



まったく別の話だが、富山にセブンイレブンの一号店がオープンした。東京の方には、何のことのない話題かもしれないが、実は北陸地方にはまったくセブンはなかったのだ。もちろん、イトーヨーカー堂も一店舗も存在しない。すでに富山は、CVSの飽和状態。しかし、満を持してセブンが出てくるからには、確実な理由があるからだろう。



この話を取り上げたのは、セブンは何十年も前から心理学を研究し尽くしてここまで来たからである。今や百貨店を凌駕し、そごうの本店を売りさばく側になっている。CVS店舗には、最新の心理学の粋がぎっしりと詰まっているのである。店舗設計、商品開発、社員教育、品揃えなどなど。結果単店舗売り上げでも、セブンは他店を圧倒的に凌駕している。



まったく関係のない話題ではあるが、深層にはある意味つながりがあるかもしれない。前者は、今までタブー視されていたところに光を当て、新たな需要を掘り起こした。後者は、消費者や市場を徹底分析し、市場に眠るシーズを掘り起こし続けている。根っこには、「人の気持ちによりそう」というキーワードがそのうちの一つではないだろうか。



現在の社会経済状況から、抜け出し明るい未来を形成しようという時に、どこへ向かえばよいかのヒントが隠されているかもしれない。不安をあおるだけあおるような現在のマスコミのものの見方では、おそらくは解決策を見出すのは困難だろう。そういう意味では、地元富山のこの2つの話題は、少なからず心に少し灯をともす材料となるだろう。感謝。




***坂龍飛騰(ばんりゅうひとう)***

(有)エイ・エル・ピー
          Active Life Planning

代表取締役 八尾稔啓(やおとしひろ)

自称;きときと伝道師(きときとは、新鮮なお魚を喩える富山の方言です)

939-0351

射水市戸破3560(いみずし、ひばり)

TEL&FAX 0766−55−4882

ホームページ http://www.bm8.ne.jp/dr80/

をご参照ください。

***よく遊び、よく学び、よく行動する***

20090227失敗は成長の元

20090227失敗は成長の元

中小企業の経営コンサルティングを主な業務とするK氏は、会計事務所の中堅社員として、多くの得意先を任されています。

数年前、得意先の会社に税務署の調査が入り、経理処理について指摘を受けました。担当者として、修正申告書の作成に取りかからなければなりませんでした。K氏は初めての作成に戸惑い、<絶対失敗できない>と意気込みました。

しかし、勢い込むほど空回りするばかりです。困り果てたK氏は、思い切って先輩に相談してみました。すると、具体的な方策を丁寧に指導してくれたのです。

さらに、「K君、自分にも失敗の経験があるよ。でも、失敗は成長のチャンスでもあるから、焦らず、粘り強く取り組んでごらん」との助言を受けました。

この助言により、精神的に落ち込んでいたK氏の心は解きほぐされ、新たな勇気が湧いてきたのです。その後、修正申告書を作成し、税務署に提出したところ、一発で受理され、K氏は胸を撫で下ろしたのでした。

行き詰まったら一人で悩まず、周囲に相談することも脱出法のひとつです。

今日の心がけ;失敗は成長の元として前進しましょう

<社団法人倫理研究所 法人局「職場の教養」より転載>

▼メール転送の肩代わりも致します
いつもメールを受信いただきありがとうございます。
毎朝2000アドレス超にメール配信させていただいています。
手動で管理している為、即時対応はできていませんが、配信の停止は勿論のこと、再開、配信アドレスの変更・追加を随時受け付けています。
ほぼ毎朝転送している方がいましたら、その処理を肩代わりすることも致します。

▼環境支援HP http://www.just.st/7160551
お元気さまです。こちら瀧川@環境支援(名古屋)です。皆様のお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

不況は成長のチャンス 逃げずに立ち向かおう

不況は成長のチャンス 逃げずに立ち向かおう

日本は今、欧米の金融危機による輸出急減が原因で、ひどい「経済危機」に陥っています。株価は下落し、中小企業においては、資金繰りに行き詰まる状態にあります。当然、経営に不安を覚える経営者も、少なくはないでしょう。

しかし、いかに未曾有の経済危機とはいえ、すべての企業が倒産するというものではありません。もともと経済は生き物であり、好・不況を繰り返すものなのです。そこで忘れてならないのが、今ある企業はどこも、様々な危機を乗り越えてきた過去があるということです。経営とは変化対応業とも言われます。社長を中心に、幹部社員から一般社員に至るまで一丸となって、これまでの経営環境の変化に対応してきたからこそ、今日があるわけです。

企業の危機は、経営環境の変化といった外圧によって生じるというより、内部のまとまりに欠けた結果、変化に対応できなくなって起こると言われます。それだけに、経営者の誰もが、組織に緩みが出ないように気をつかっているものです。

しかしそれでも、経営が順調に伸びていたり、あるいは好況時には、社員の働く意識は緩慢になりがちになるようです。社長がこれを引き締めようと、いくら激をとばしても、なかなか思うようにはならないというのが実情です。

これが不況時になると、社員にも危機感が出てきて、不況克服のために、自らの働きに真剣に取り組むようになってくるものです。このときこそが、「課題を発見し、自分の能力を最大限に発揮してそれを解決し、しかも自分の目標を自発的に達成しようとする社員」を育てることができるのです。

ある地方で製造業を営むM社長は、昨今の世界同時不況や円高、台頭する中国の影響などに翻弄されて、業況は厳しい状態に陥っていました。

そのような時に誘われたセミナーで、「社長が一人で悩まないで、全社員に実情を伝え、会社の存在意義とは何かを考えさせることが大切だ。そしてそれを達成するためには、組織のあり方から製造機械の設置の仕方に至るまで、話し合わせること」と学んだのでした。

M社長はさっそく、社員の全員を召集して、話し合いに取りかかったのです。この話し合いは、社長も一般社員も同じ立場で進めました。仕事が少ない分、話し合いの時間が多くなっていきました。

話し合いを始めて2カ月が過ぎたころ、社員の表情はすっかり変わっていたと言います。これに比例するかのように、社風が変わり、注文も予想外のところから、持ち込まれるようになったのです。

「不況をこわがってはいけない。不況から逃げてはいけない。むしろこれに立ち向かい、社内のゆるみを引き締め、改善すべき点を徹底的に改善していくことが大事だ。不況のときこそ、身にしみてほんとうの勉強ができるいい機会だということである」(『松翁論語』)

また「苦難は幸福の門」との教えもあります。今回の不況に、経営者としての在り方を学び、社員とともに次の繁栄のステージに踏み込んでいきましょう。

<社団法人倫理研究所 法人局「今週の倫理」より転載>

▼環境支援HP http://www.just.st/7160551
お元気さまです。こちら瀧川@環境支援(名古屋)です。皆様のお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

20090209目を閉じて精神統一

Y氏は「ここぞ」という時、1分程度瞑想をしてから事に臨みます。

氏の精神統一は、姿勢を正して、軽く目を閉じることから始まります。続いて、深い呼吸を心がけます。そのコツは、吸うとよりも、吐く息が細く長くなるよう意識するのです。すると、自然と呼吸が深く、脳に酸素が十分に行き渡ります。

私たちは外界の情報の大部分を、目(視覚)から得ています。それを遮断すると、その分、内なる情報(心の声)に耳を傾けやすくなります。姿勢を正し、呼吸を深くすることは、それを効果的に行う準備です。

姿勢と呼吸を整えると、心が落ち着きます。すると、心身のコンディションが整ってきます。心身が充実してこそ、私たちの力は最大限に発揮されるのです。

瞑想を始めてからY氏は、事が終わって「あれをしておけば」と思うことが少なくなってきました。

始業前や会議前、ほんのわずかな時間でも、気持ちを落ち着かせる間を持って臨みたいものです。そして、「ここぞ」という時に力を発揮しましょう。

今日の心がけ;気持ちを落ち着かせる間を持ちましょう

<社団法人倫理研究所 法人局「職場の教養」より転載>

▼知り合いにメール受信を伝えるには・自分で受けるには
無記名で別経路で配信を受ける方法として、保険として利用しているJustMailへの登録をお勧めします。こちらはIIJにサーバーを設置したASPで、7時過ぎに配信になります。
携帯電話より kankyoshien@7160551.r.just.st に空メールを送信することにより、翌朝より別経路でのメール配信を受けることができます。
このサービスは携帯電話専用であり、当事者の携帯アドレスが配信元に公開されることはありません。

▼環境支援HP http://www.just.st/7160551
お元気さまです。こちら瀧川@環境支援(名古屋)です。皆様のお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

20090210クレームこそ宝

企業にクレームを寄せるお客様は、様々な要望や期待を持っています。クレームの対処の仕方について、会計事務所経営のF氏は、「クレームを伝える際、企業に何が望んだか」というアンケートから、謝罪の方法を4つに分類しています。

1、「謝罪の要求」。クレームを言ってくるお客様に対し、適切な謝罪をします。謝罪するポイントを絞ることが大切です。

2、「理由の提示」。どうしてこのような事態になってしまったのか、その原因究明を速やかに行い、理由はできるだけ明確に伝えていきます。

3、「解決策の提示」。具体的な解決法や弁償・弁済策を示します。「何時までにお伝えします」など期限を区切るよう、具体的に示すことが大切です。

4、「今後の企業姿勢」。同じミスを繰り返さぬよう、どう改善するかという企業の姿勢が求められます。その姿勢を示し、守っていくことが重要になります。

クレームには、新しい課題を学べる「宝」があることを知り、新たな気持ちでお客様の満足を追求していけるよう心したいものです。

今日の心がけ;クレームから学びましょう

<社団法人倫理研究所 法人局「職場の教養」より転載>

▼環境支援からのお知らせ
「職場の教養・今週の倫理」メールの転送・再掲載に許可は要りません。ただし次の3点を考慮願います。
1、全文掲載して、文章の出所を明らかにする。
<社団法人倫理研究所 法人局「職場の教養」より転載> のように。
2、メール受信を拒む方は、事故防止のために早めに配信対象から外す。
3、自分もメール配信を受けていることを伝える。

▼環境支援HP http://www.just.st/7160551
お元気さまです。こちら瀧川@環境支援(名古屋)です。皆様のお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

坂龍瓦版睦月弐09 「 今だからこそ、メンタル強化を 」

皆様おはようございます。富山も久々の大雪です。

以下3つほどご報告です。

今年の仕事始めは、なんと自動車関連の業界の仕事でした。

小樽商科大学HPの「商大君が行く」のブログに私と拙著が紹介されました(ご参照ください)

坂龍塾刈谷(愛知)支部が昨年末に立ちあがり2月より隔月で定例化が決まりました。

坂龍瓦版 睦月弐 09

 

「 今だからこそ、メンタル強化を 」

 

人間、好調が持続しているときには気が緩みやすい。現在のサブプライムローンを発端とする課題は、それが積もり積もった結果ともいえるかもしれない。ここ数年、本屋では「○○力」という文言の入った著作が相次いで出版されている。現在の、このような閉塞感のある状況下では一体どんな力が必要なのだろうか。

 

つまるところは、「人間力」というところに行き着くのは間違いない。ただ逆境下では、特に「楽観性」というものが重要になる。特に「観」という部分が肝となろう。楽観というのは、単なる感情ではない。さらにポジティブという側面とも必ずしも一致しない。

 

楽観という言葉には、将来にわたる信念という意味合いも含まれているのである。したがって、ただ思うだけではなくアクティブな行動を伴わなければいけない。そういう意味では、この十年メンタルヘルスの必要性が問われながらまったく進まない原因がこのあたりにも垣間見られる。厚生労働省の取ってきたアプローチは、臨床的などちらかというとネガティブアプローチが主体であった。その結果は、実に惨憺たるものである。

 

今後根本的な対応をしていくためには、それはそれで重要だが現在健全な優秀な人材をより高めていくという「楽観的」な対処が必要不可欠であるということを忘れてはいけない。我々は、逆境に置かれているときの方が、意識が変わりやすい。ただし、日ごろから悲観的傾向値の高い方々は、一般的に一旦悪い方向に意識がむいてしまうと止めを知らない。

 

組織の活性化という課題を考えた場合、トップや中核層が難局をいかに楽観的に対処できるかがまさに優先されるべきであろう。だからこそ、メンタルの領域が非常に重要なのである。メンタルヘルス=うつ病対策などという図式は忘れたほうがいいのではないか。

 

また現状から見て、コスト削減や経費の見直しは当然必要だろう。ただ、「観」の視野から絶対に残すべきコストまでもカットしてはいけない。将来の核となる「人財」のメンタルヘルス(=人格形成の支援)は、今まさに「旬」なのではないかと考えている。こういう鏡面で、トップやリーダーが如何に「イキイキしているか」がとても大事に思える。

 

組織(経営)資源の中で、目に見えないが一番重要な資源は「人(の質、人格)」と「時間」である。限られた、予算や時間の中で将来を担う「ストレスに強い人財」の育成は、経営品質の向上と企業のCSRを果たしていくための最重重要課題であるとこの10年来言い続けてきた。この大不況が、この意味合いをさらに明確にしてくれることだろう。合掌。

 

 

***坂龍飛騰(ばんりゅうひとう)***

(有)エイ・エル・ピー
          Active Life Planning

代表取締役 八尾稔啓(やおとしひろ)

自称;きときと伝道師(きときとは、新鮮なお魚を喩える富山の方言です)

939-0351

射水市戸破3560(いみずし、ひばり)

TEL&FAX 0766−55−4882

ホームページ http://www.bm8.ne.jp/dr80/

をご参照ください。

***よく遊び、よく学び、よく行動する***

坂龍瓦版 睦月壱 09 「何かと試練の多い年になりそうですが、その分またチャンスも多いことでしょう。」

皆様新年おめでとうございます。

今年初めての瓦版です。

恒例により、今年の抱負のような物を書きました。

何かと試練の多い年になりそうですが、その分またチャンスも多いことでしょう。

坂龍瓦版 睦月壱 09

 

「 2009年度 マイキーワード 」

 

今年は、なくなった親父と同じ年齢52歳を迎える。思えば、江崎グリコに就職後一年、やっと赴任先が決まり初めてマイカーで帰省した夏休みの直後のことだった。母は、39歳で亡くなっているため何とか二人の合計91歳が、マイゴールである。

 

そういう意味でも、今年は大きな転換期のような気がしている。くしくも世界経済が、この一年で本当に激変してしまった。ただどうも、全体的に変わったのではなくその変わり方も千差万別であろう。変化のスピードも、どうも一様ではないらしい。

 

今回の大打撃で、意識や価値観を変えるしかない環境がいよいよ出来上がった感がある。それは、目に見えない領域のものがことのほか多くなった気がする。一つの例としては、小国ながらフィンランドという国が、教育を国力と捉えこの数十年国内の人材育成に力点を置いてきた。そのやり方が、すべての国にそのまま通用するとは思えないが、このような考え方は今後ますます重要性を帯びてくるだろう。

 

今年の自分自身のキーワードは、このような環境も踏まえ「軸」を作ることにおきたい。今年一年ではおそらく完成はしないだろうが、60歳ぐらいまでをにらんで自分自身の学びを深め、オリジナリティを見つけるのが今後の大きな課題だ。自分はこれだ、と胸を張ってどこにでも出て行ける「軸」を模索し続けたいと考えている。

 

軸という視点で考えると、次のキーワードは間違いなく「ダイバーシティ」(多様性)である。様々な状況や考え方それぞれを、その相手特有の個性と認めたうえでの交流関係を築くことである。社会経済も、おそらく急速に本質的な「ダイバーシティ」社会に突入していくだろう。ただそれは、新たな展開ではなく人類が古代からずっと大切にしてきたものを改めて見直すという「温故知新」に他ならない。

 

今年の天の気を示す「十干」は「己」(つちのと)である。この「己」という字は、横三本線と縦2本線からなる。横線は様々な問題が地層のように積み重なっている様を現す。縦線は、その問題を正し、筋を通すというような意味となるらしい。ただ左へ行ったり右へ行ったりしているさまから、その問題はどうも簡単には解けないのである。

 

十干から見ても、どうも自分自身を見直すということは今年重要な年周りである。この不況や大ピンチをどう乗り越えられるか、自分自身を試す絶好の機会がやってきた。逆境のときこそ、ぶれない「軸」がいかに大切かを知る好機だと思う。大不況に、感謝である。

 

 

***坂龍飛騰(ばんりゅうひとう)***

(有)エイ・エル・ピー
          Active Life Planning

代表取締役 八尾稔啓(やおとしひろ)

自称;きときと伝道師(きときとは、新鮮なお魚を喩える富山の方言です)

939-0351

射水市戸破3560(いみずし、ひばり)

TEL&FAX 0766−55−4882

ホームページ http://www.bm8.ne.jp/dr80/

をご参照ください。

***よく遊び、よく学び、よく行動する***

20090204季節感の再生

「食の安全」が問題視される昨今ですが、日本人の「季節感の安全」も心配であると、コラムニストの石井英夫氏は指摘しています。

例えば、インゲンの旬は夏ですが、季節に関係なく一年中出回っている状況です。氏は、季節感が鈍ると、日本人としての感性が衰えると懸念しています。

日本研究者の中国の王敏氏は、「自然と風土への愛着を、言葉そのものから喚起されるイメージをもって表わす民族は、日本人のほかにはいない」と、自著の中で紹介しています。

俳句に使う季語や季題、手紙の書き出しに季節の挨拶を入れることなどは、外国人には不思議に映るようです。しかし、日本人の季節に対する繊細な感性と表現力に、驚きと敬意を表す外国人も多くいます。

日本人の季節感は、美意識や倫理観を養ってきました。さらに、暮らしの中で自然に目を向けることは、環境に配慮する「エコ感覚」を培うことでしょう。

自然を身近に感じながら、季節を表わす言葉と感性を磨いていきたいものです。

今日の心がけ;季節を表現する感性を養いましょう

▼本文について意見・感想をお持ちの方は、自由にコメントしてください。
貯徳ありがとうネット http://chotoku.jp/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=1045
ミクシー http://mixi.jp/show_friend.pl?id=7468939

▼環境支援HP http://www.just.st/7160551
お元気さまです。こちら瀧川@環境支援(名古屋)です。皆様のお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。

20090203論理的に話す秘訣

女性の多くが社会へ進出し、管理職や重要な役職に就く人が増えました。同時に、社内外でプレゼンテーションをする機会も増えています。

人材開発会社のN氏は、「女性は感情が豊かで情景描写はうまいが、論理的に伝えるのが苦手な人が多いようだ」と指摘し、論理的に話すコツを3つ挙げます。

1、話をいくつかのパートに分けて、そのつど結論から話す。

2、話は短く。面白い話でも脱線し過ぎることなく、本来、話すべき内容が薄まらないようにする。

3、テーマ、結論、思考過程の順番で、冒頭であらかじめ簡潔に話しておく。

ただし、「あまり、気にして硬くなると逆効果。論理的な話し方を目標にしながら、自分らしさも生かしてほしい」とアドバイスします。もちろん論理的に話すコツは、女性だけに限らず、男性にも有用です。

職場においても家庭においても、相手の立場になり、わかりやすく話すことは、より良いコミュニケーションを築く架け橋となることでしょう。

今日の心がけ;相手に分かりやすく話しましょう

▼環境支援からのお知らせ
「職場の教養・今週の倫理」メールの転送・再掲載に許可は要りません。ただし次の3点を考慮願います。
1、全文掲載して、文章の出所を明らかにする。
<社団法人倫理研究所 法人局「職場の教養」より転載> のように。
2、メール受信を拒む方は、事故防止のために早めに配信対象から外す。
3、自分もメール配信を受けていることを伝える。

▼環境支援HP http://www.just.st/7160551
お元気さまです。こちら瀧川@環境支援(名古屋)です。皆様のお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。