20090204季節感の再生

「食の安全」が問題視される昨今ですが、日本人の「季節感の安全」も心配であると、コラムニストの石井英夫氏は指摘しています。

例えば、インゲンの旬は夏ですが、季節に関係なく一年中出回っている状況です。氏は、季節感が鈍ると、日本人としての感性が衰えると懸念しています。

日本研究者の中国の王敏氏は、「自然と風土への愛着を、言葉そのものから喚起されるイメージをもって表わす民族は、日本人のほかにはいない」と、自著の中で紹介しています。

俳句に使う季語や季題、手紙の書き出しに季節の挨拶を入れることなどは、外国人には不思議に映るようです。しかし、日本人の季節に対する繊細な感性と表現力に、驚きと敬意を表す外国人も多くいます。

日本人の季節感は、美意識や倫理観を養ってきました。さらに、暮らしの中で自然に目を向けることは、環境に配慮する「エコ感覚」を培うことでしょう。

自然を身近に感じながら、季節を表わす言葉と感性を磨いていきたいものです。

今日の心がけ;季節を表現する感性を養いましょう

▼本文について意見・感想をお持ちの方は、自由にコメントしてください。
貯徳ありがとうネット http://chotoku.jp/?m=pc&a=page_f_home&target_c_member_id=1045
ミクシー http://mixi.jp/show_friend.pl?id=7468939

▼環境支援HP http://www.just.st/7160551
お元気さまです。こちら瀧川@環境支援(名古屋)です。皆様のお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。