20090203論理的に話す秘訣

女性の多くが社会へ進出し、管理職や重要な役職に就く人が増えました。同時に、社内外でプレゼンテーションをする機会も増えています。

人材開発会社のN氏は、「女性は感情が豊かで情景描写はうまいが、論理的に伝えるのが苦手な人が多いようだ」と指摘し、論理的に話すコツを3つ挙げます。

1、話をいくつかのパートに分けて、そのつど結論から話す。

2、話は短く。面白い話でも脱線し過ぎることなく、本来、話すべき内容が薄まらないようにする。

3、テーマ、結論、思考過程の順番で、冒頭であらかじめ簡潔に話しておく。

ただし、「あまり、気にして硬くなると逆効果。論理的な話し方を目標にしながら、自分らしさも生かしてほしい」とアドバイスします。もちろん論理的に話すコツは、女性だけに限らず、男性にも有用です。

職場においても家庭においても、相手の立場になり、わかりやすく話すことは、より良いコミュニケーションを築く架け橋となることでしょう。

今日の心がけ;相手に分かりやすく話しましょう

▼環境支援からのお知らせ
「職場の教養・今週の倫理」メールの転送・再掲載に許可は要りません。ただし次の3点を考慮願います。
1、全文掲載して、文章の出所を明らかにする。
<社団法人倫理研究所 法人局「職場の教養」より転載> のように。
2、メール受信を拒む方は、事故防止のために早めに配信対象から外す。
3、自分もメール配信を受けていることを伝える。

▼環境支援HP http://www.just.st/7160551
お元気さまです。こちら瀧川@環境支援(名古屋)です。皆様のお役に立てれば幸いです。ありがとうございます。